本文へスキップ

緑の会についてAbout

Menu:

基本理念

『重い障害があっても“何かができる”』、『1人でできなかったら“みんなで助け合う”』、そして多くの方々との交流を大切にして、地域社会の中に生活の基盤を築いてきたい。


経営目標

1.ノーマライゼーションの理念のもと常に利用者の立場に立つとともに、社会の付託に応えられるように行動します。
2.法令等を順守し倫理観を持って行動します。
3.職員が使命観と誇りをもち、自主性、創造性を発揮できる職場環境づくりに努めます。
4.「地域づくりの視点」にたち、地域の交流を深め、貢献度の向上に努めます。
5.経営の健全性を保持し、財務基盤の強化に努めます。


沿革・歴史

・昭和61年
松戸養護学校(現松戸特別支援学校)の卒業後の進路先の一つとして、また肢体不自由児者の通所の場として無認可作業所「緑の会」を発足。

・平成3年12月
社会福祉法人格を取得。作業所の名称をそのまま引き継ぎ「社会福祉法人緑の会」とする。

・平成4年10月
「身体障害者通所授産施設いずみ園」を開園

・平成15年10月
千葉県から「重症心身障害児者通園事業B型」を新規に委託され事業名を「のぞみ」としスタートさせる。

・平成15年10月
土日祝祭日の通所の場として、「身体障害者デイサービスさくら樹」、また学齢期の障害児支援として、「児童短期入所(日中預かり)たんぽぽ」を開始。

・平成18年10月
障害者自立支援法施行に伴い身体障害者通所授産施設から「生活介護」に、身体障害者デイサービスから「地域活動支援センター」に、児童短期入所(日中預かり)から「日中一時支援事業」に事業を変更。

・平成24年4月
制度改正に伴い重症心身障害児者通園事業B型が「生活介護事業」に変更。

・平成25年4月
ケアプラン作成のための、「相談支援事業所いずみ園相談支援センター」を開始。

・平成25年5月
共同生活援助(当時は共同生活介護)増尾台ウィズホームを開始。

・平成25年7月
短期入所増尾台ウィズホームを開始。

・平成26年3月
柏市の地域活動支援センターの補助基準の見直しにより地域活動支援センターを閉所。その代替として生活介護いずみ園を土曜祝祭日に拡張。

・平成30年11月
放課後等デイサービスを開始。

現在に至る。


理事・監事・評議員

【理事・監事】〜令和3年6月26日現在
理事長 松永 光代
理事 関 博之
理事 山崎 裕介
理事 渡邉 勝蔵
理事 鳥海 和子
理事 森田 伸一
監事 水林 敬博
監事 田口 仁

※任期 平令和3年6月24日〜令和5年6月定時評議員会終了まで

【評議員】〜令和3年3月26日現在
評議員 西脇 理知子
評議員 原 隆志
評議員 横尾 一徳
評議員 猫田 岳治
評議員 清水 光子
評議員 平川 和子
評議員 沼部 光子
評議員 中川 すみ子

※任期 令和2年4月1日〜令和6年の定時評議員会の終結の時まで


バナースペース

社会福祉法人緑の会社会福祉法人緑の会

〒277-0042
千葉県柏市逆井341番地

TEL 04-7176-8085
FAX 04-7176-8087

プライバシーポリシー